お正月は正しいことを考える

2010.12.31
つり具山陽平岡店

aicon035.gif皆さんあけましておめでとうございますaicon040.gif

あっちゃんコラムのあっちゃんです昨年はいろいろおせわになりました。今年もウサギ年にあやかり、ぴょんぴょん跳ね回りながらも元気に、笑顔で、皆様に喜んでいただけるようにがんばりますaicon035.gif

昨年同様、どうかよろしくお願いしますaicon047.gif 

さて、とうとうきました。平成23年のお正月 お正月といえば、皆さんは何を思いますか? 子供のころは、家族揃ってご馳走を食べることがうれしかったですね。

私の家ではお爺さんが、まず年の初めの「詩」を披露してくれました。それからお爺さんの挨拶が家族一人ひとりに回ってきます。


€それから子供、小さい子から順に「お爺さんおめでとうございます」「おばあさん・・・」「お父さん・・・」「お母さんおめでとうございます」と手をついて挨拶をしていきますaicon033.gif


€私はお爺さんやおばあさんのときは緊張しながら挨拶をしていますが、最後の妹の時にはテレながら・・・ そしてそれが終わると、お爺さんの一言から始まり、自分の一年の抱負を短く話していきます。 それが終わると全員が母の手作りのおせち料理などをつつきながらおいしく頂いたものです。

今は・・・・・・ふと、昔のことを思い出しました!! とにかく、お正月は子供にとっては楽しいものでしたaicon033.gif

さて、さて、ここではこのお正月の意味を紹介します。 「お正月とは正しい月」と書く。それは今までの過去を忘れ、初心に戻り、この正し月に、正しいことを考えることが大切」 と、これはあの有名な松下幸之助翁の言葉です。 この言葉は私たちに勇気を与えてくれますねaicon035.gif

私たちは過去の失敗や過去の出気を奪われ、時を無駄にしてしまうこともあります。 それでもこの「お正月」はすべてを忘れ、新しい年に、新しい気持ちで取り組んでいくことをするけじめの時なのだと幸之助翁は言っているのですaicon054.gif

そして私たちは昨年の自分以上の自分になるために、私たちは自分の目標を持ち其の計画を立てます。 常に前向きに、常に肯定的に物事を考えながら、「自分との約束」を契る時です


€この限られた時間を如何に有効に使うのかaicon035.gif

其の時間を如何に世の中の人たちに喜ばれることが出来るのかaicon035.gif


€会社に、社会に、どれだけ貢献していけるのか


€頂いた命が喜ぶように・・・・・・・・ 自分との約束・・・皆様はどのようなことを「自分と約束」を結びましたか?aicon040.gif


€


© Copyright つり具山陽 All Rights Reserved.