山陽工房、実践ロッド改造!

2010.12.20
つり具山陽平岡店

こんにちは、山陽平岡店、店長桑原です。今日から工房での 私の竿の改造をレポートしていきます。

改造のベースの竿は、昔なつかし!ダイコーアルテミス10feetミディアムです。

まずは、竿を裸にしていきます。上のようにガイドを外します。足の部分をライターで 軽くあぶり、竿を傷つけないようにカッターナイフで、スレッドをカットし、ほどいていきます。

すると、この写真のようになります。竿にエポキシが残っているので、ライターで軽くあぶり、つめや、プラスチックのヘラなどで、そぎ落としてきれいにします。

次は、グリップです。このさおは、コルクグリップで、ほとんどカッターナイフで削り落とします。グリップ素材は、竿本体より幾分厚めの材料で構成されてますが、カッターの刃をたてるのだけは、NG! 本体には、接着剤が残っているので丁寧に削り取ると、後の作業が、楽です。

 


 


 


次が、最大の難関、リールシートです。リューターや金のこでカットしていくのですが、バーナーでロッドをいためない程度にあぶり、柔らかくなったところを カッターナイフでカットしても外せます。金属部分は、ニッパー等でカットし、むしりとります。

 


 


 


素材になったアルテミス君です。

この状態で表面のエポキシなどをきれいに掃除し、不織布で研磨し、塗装の下地を作ります。

 


 


 


 


 


1回目の塗装が、終わった状態です。もう1回塗ってから次の工程に移っていきます。

 


 


 


 


今回は、ここまで。

釣り物が、少なくなってきても頑張って釣りに行きましょう。今年は、私も石川君に刺激され、タチウオは、結構釣らせて貰ってます。今朝も、いくらか釣れていたので、次の休みも言ってきます。aicon046.gif

これは、12月始めに釣ったものです。

 


 


 


 


 



© Copyright つり具山陽 All Rights Reserved.