工房、ソルトロッド製作進行中!

2010.12.26
つり具山陽平岡店

こんばんは、工房職人桑原です。寒くなってきて、釣りに行きにくくなってきたのか、工房依頼が、増えてきました。マイロッドに手をかける時間が、また少なくなってきそうです。(お客様優先ですから)aicon045.gif

でも、合間を見つけ、ネチネチ製作しています。では、次回の続きです。

グリップのパーツをセレクト!最初にリールシートを決めます。それにあわせて前後のEVAやコルクを合わせます。

パーツ選びのコツは、竿の径より大きい径の部品を選び、かさ上げに糸を巻いたり、写真のコアテープなどで、内径にあわせます。


€


€

接着には、2液のエポキシ接着剤をつかいます。A液、B液を1:1で混ぜるタイプがほとんどで、種類によって硬化時間が異なります。グリップのようにゆっくり作業したい場合は、30分硬化タイプが、使いやすく 部分的な仕上げの場合、5分硬化タイプが、使いやすいでしょう。


€


€


€

シート下のEVAを接着する前です。


€


€


€


€


€

エンドグリップを接着した状態です。


€


€


€


€


€

リールシート周りです。EVAの前後のワインディングチェックが、引き立ててくれます。


€


€


€


€

グリップ周りを糸巻きで化粧しました。セパレートグリップ部分は、カーボンパイプを使うのが主流ですが、もともと竿が太いので、カーボンパイプをかぶせると、太すぎるので、糸巻きしてコーティング仕上げにすることにしました。


€


€


€

セパレート部分です。


€


€


€


€


€

コレで、糸巻き部分をコーティングすると、グリップは、完成です。次回は、ガイドのセッティングに入ります。

みなさん、寒くなったら、山陽の工房で竿作り! 1日かけて、ああでもない、こうでもないってのも楽しいかも!お暇な方、遊びに来てください。引きたてコーヒー入れてお待ちしています。(品切れしてたらごめんなさい)では、また近いうちに!


© Copyright つり具山陽 All Rights Reserved.