工房ロッドで明石鯛GET!竿、修理、改造おまかせください

2018.06.09
つり具山陽平岡店
みなさん、いい釣りしてますか~!工房職人こと、桑原です。

昨日、美里丸さんで、明石鯛、とタコを狙って、釣行しました。

今回は、ODさんOMさんと3人で釣行です。

朝、5時出船 明石方面へと向かいます。30~40分でポイントへ到着。

サビキ、チョクリ仕掛けで、狙います。

ロッドは、イカメタルを意識して作った、工房オリジナルロッド。(柔らか目のタイラバロッドって感じ)

リールは、炎月プレミアム、ラインは、PE 0.8号、オモリ 40号でスタート。

はじめて早々、鯛独特のコンコンのアタリ!

喰いこまず、また送ります。3回目のアタリで、グウーっと竿が舞い込み

「はい、桑原さん ヒット!」の船長の声 慎重に巻いてまずは、1枚目

色黒の雄の真鯛でした。みなさんも順調にヒットしているようで、チョクリをつかってた私は

色を気にしていたのですが、3匹釣った時点で黄色、赤、オレンジとそれぞれ違う色に

食ってました。

潮のあいまに、タコに走り、いくらかお土産をとって、再び鯛、

少しタイラバをして、最後は、あの急潮流、ジグの墓場でサビキ、長潮の絶妙なタイミングでの

釣りだと思います。ここで、ビックリの魚が出ました。これです。



ビックリ、60cm弱の鬼アジ!船長が魚体が白いので、ハネかな?と首をかしげていたら

こいつが出ました!!!!!!!

私は、鬼のカケアガリを制して、鯛2枚追加、合計8枚ゲットしました。



今回使用したロッドは、当店に売っている、1500円のグリップに、折れたエギングロッドの#1を

ジョイントし、穂先にカーボンソリッドを継いで調子を作りました。

ロッドの写真は撮ってたのですが、ひどいぶれで、今回なしです。

また次の機会に紹介します。

マダイ、タコ、そしてこれからのハマチ、ブリ、楽しみがいっぱいです。

いろいろ、ネタ仕込んでおきますので、遊びに来てください。

それでは、今日は、このへんで!         桑原でした。
© Copyright つり具山陽 All Rights Reserved.