第2回Pエボ隊撮影会[バチ抜け完全攻略]の巻(・∀・)

2010.03.15
つり具山陽平岡店

というわけでスタッフ石川もとい、PEエボリューション隊隊長の私がお送りいたします。

今回は第二回のPエボ撮影会としましてバチ抜けシーバスを攻略してきました!

その前に、
最近Pエボ隊の新しいネーミングをいろいろ考えているんですが・・・。

PEエボリューション隊・・・

略して・・・「Pエボ隊」

そしてボクたちは釣具山陽の店員・・・。

・・・。

( ゚д゚)ハッ!

・・・「山陽エボリューション!」

略して「サンエボ☆」

あとは副隊長の許可が降りるかどうか笑

隊員が増えたらステッカーとか作りたいですね笑
夢は膨らみます^^

さてそれでは本題。

寒い冬もいよいよ終わりを告げつつあり
これからのキーワードは間違いなく「バチ抜け」でございます!

「楽にシーバスを釣りたいならバチシーズンに釣れ!」という言葉があるように!(アルノカ?(゜o゜;;)

このシーズンのシーバスはパターンさえしっかりハメてしまえばとても簡単に釣れたりします☆

そのことをPエボ隊、
もとい山陽エボリューションで証明するべく行ってまいりました☆

とその前に、ここでバチのことを知らない人に少しだけ説明しておきましょう。

バチとはゴカイのことです。
そのゴカイたちが産卵のために土の中からいっせいに水面付近まで湧き出てくるような現象のことを
「バチ抜け」といいます。
関西ではだいたい春先から初夏にかけてこのバチ抜けが見られます。

大規模なバチ抜けが起こる場所の条件としては、
①底が砂地
②夜
③常夜灯や月明かり

などなど他にもいろいろありますが、だいたい上の3つは押さえておいて、
実際にそこでバチが水面を泳いでいたりしていればシーバスの釣果もかなりの期待がもてると思います。

このシーズンのベイトは完全にゴカイになるので当然ゴカイに似せたルアーをチョイス!
というより偏食したシーバスに小魚系のルアーを使っても全然反応してくれないこともよくあります。

さらに泳がせ方もゴカイを真似るように引いてきます。
流れを利用しながらうまく漂わせてください★

まぁ文章ではなかなか伝わらないと思うので、実際にお店に来てください^^
お店の方で僕たちの爆釣シーンの映像も流しますので☆
(まだ編集できてませんのでもう少し時間がかかりそうですが・・・)

それでは「サンエボ」のバチパターン攻略の結果をどうぞ!

まさに大爆釣!!
30匹は軽く釣れました☆
こんな爆釣に出会えるのもバチシーズン初期の特徴ですね^^

さぁみなさま、もうバチ抜けは始まってます!
準備はできてますかー?
山陽加古川店、平岡店ともに「バチ抜けコーナー」を作っています。
今回爆釣したルアーもまだ在庫ありますのでお早めにどうぞ^^


© Copyright つり具山陽 All Rights Reserved.