超平和なテナガエビ釣りブログ

2018.06.25
つり具山陽平岡店
まいどです!モリカワです!

いつも言ってますが色々と釣れてて何を釣りに行くか悩みます!

今回は、ずーーーーっと前から行きたかった、

テナガエビ

を釣りにスタッフ上野君と休みが合ったので行ってきました!

 

今回は昼間の穴釣りで釣りました。

ちなみにテナガエビは夜行性なので夜になると外に出てくるので夜のほうがどこでも釣れます。

 

仕掛けはのべ竿1m前後に道糸0.63号、シモリウキを3つ爪楊枝で固定。



先にハリス止めを結び、ハリス0.4号約10cmにテナガエビ針。

ハリスの真ん中にガン玉2Bを打ちます。



上野君が仕掛け作りから全部やってくれましたw

始めから全部出来てる仕掛けもあります!



これを竿先に結ぶだけでOK!

あとは餌を付ければすぐに釣りができます!

餌はミミズ。



これも売ってます!

 

仕掛けが出来たら足元に落とすだけ!

ポイントはテトラの間や石畳の隙間!

昼間は影になるところに潜んでいます!

仕掛けを入れたら後は待つだけ!

近くにエビがいたら数十秒でアタリがでます!

2,3分アタリが無ければ隣の穴に移動してください!

アタリはウキが横に動いたりもぞもぞ行ったり来たりします!

ここで合わせるのはまだ早い!

餌を手繰り寄せて口元に運んでさらに針が掛かるまで待ちます!

早くて30秒、長いと数分待つことも。

エビのサイズが大きいほど早く食い込む気がします!

そろそろかな?と思って合わせるとしっかりフッキング!



この長い手がテナガエビの名前の由来(まんま)

この長い手はオスだけの特徴!

メスはこんな感じであんまり大きくない



このオスの長い手はカラアゲにした時に1番おいしいのでちぎれても置いといてください!(結構簡単にちぎれる)

上野君は結構序盤に仕掛けをロスト(ふざけて鬼合わせしたらどっか飛んでったw)してしまい数匹の釣果w



その後は針にガン玉つけてみゃく釣りでも釣ってましたw

 

餌が無くなったので20匹弱で納竿。

このあとシーバス行きましたが大ボウズでした。

 

釣ったテナガエビはカラアゲに!

写真が無いのでイメージでw



これはタイで食べたオニテナガエビという日本のテナガエビの3回りぐらいでかいやつ。

 

初心者でも超絶簡単に釣れてめちゃくちゃ平和な釣りなので皆さんにもやってもらいたい!

ビール片手にアタリを待つのもアリ!

そしてとにかくおいしいので僕もまた釣りに行きますw
© Copyright つり具山陽 All Rights Reserved.